football

Japan warns Vietnamese trainees on the risk of slave labor

奴隷労働のリスクに関する警告日本語ベトナム研修生

 
日本の医師はベトナムの労働者が、日本では「奴隷」として技能訓練プログラムに参加する前によく考えて助言しました。
 
氏ジャンペイ・ヤマミュラ、南東京の横浜市の病院湊町の医師は、インターンシッププログラムのスキルの数が労働者を誘惑するために日の出の国の良いイメージを利用しましたことを言いました海外では、10月30日にジャパンタイムズが報じた。
 
医師は日本に来るベトナムの労働は「奴隷」のような日本での見習いとインターンシッププログラム職業注意しなければならないと警告しました。
 
japan-warns-vietnamese-trainees
 
山村先生は、5月と6月にベトナムを訪れ、13分間のビデオを作りました。この旅行で、医師は日本でのインターンシッププログラムの厳しい経験を積んだ4人の労働者にインタビューしました。 。
 
インタビューそれらは24歳の男性労働者は、日本の建設現場での事故の後に片方の目で盲目だった含まれています。青年は、事故後、彼はすぐにベトナムに戻ることを余儀なく機関の研修生を管理していたと述べました。同時に、従業員は日本で十分な保険の手続きを行うとベトナムに戻った後、補償の申請をしなければならなかったされていません。
 
「外国人労働者ネットワーク」からYouTubeにアップロードされたビデオでは、他の研修生が暴力や残業について話しています。
 
健康、日本の労働福祉省の統計によると、2016年末までに、229,000外国人労働者を中心に徒弟制度や研修スキルの形でこの国で働きます。ベトナムの労働者は88,000人、中国、フィリピン、インドネシアが最も多く、
 
インターンシップの一環として、日本の企業や団体は、外国人労働者を日本に招聘して研修生として働かせる。このプログラムの目的は、外国人労働者のスキルアップを支援し、帰国時に取得したスキルを使用できるようにすることです。日本のインターンは、機械建築、建設、食品加工など、多くの分野で働いています。
 
しかし、日本企業がこのプログラムを利用して外国人労働力を搾取し、安い労働力の源泉と見なすケースがあった。
 
8月に発表された統計によると、昨年、外国人研修生4,004人が労働法に違反していた。これは2003年以来の最高水準です。
 
研修生数の増加に伴い、2015年に違反件数が309件増加した。不法残業に関連する違反は、犯罪の総数の24%を占めた。その時、保護されていない労働保護措置の数は19%を占め、続いて未払いの残業(14%)が続いた。
 
ジャパンタイムズは、研修プログラムは来月強い改革だろうと述べました。研修期間は3年から5年延長され、監視機関は、企業が労働やないために支払われた賃金に関する規制を遵守しているかどうかを確認するために設立されます。
 
医師山村は、日本は「従業員としてではなく、研修生として外国人を受け入れる。」べきであると述べました

Liên quan: Chua co du lieu


Hãy like để nhận nhiều bài mới nhất

Các bài viết mới

Không có tin nào

Các tin cũ hơn